白髪染めもデザインカラーとして

こんにちは、アンテナのIKEです!

30代くらいから少しずつ白髪を気にされるお客様がいらっしゃいます。

暗くしないといけない、隠さないといけない、そう思われがちなお客様が多い事も事実です。

今まではファッションカラーとして明るくしたり、色々な色が出来ていたが、白髪染めだと黒かブラウンしかないと思われるお客様がまだ多いです。

ただし、

アンテナでは白髪を隠すカラーよりも活かすカラーを提案しています。

ブリーチ剤を使用してホイルワークという技術を使ってハイライト(昔でいうメッシュですネ)をします。白髪を馴染ませる為に擬似的に明るい部分を作ります。

白髪を馴染ませるだけでなく、陰影を作ることによって立体的になりますし、動きも出ます。

ブリーチ終了。

ブリーチはすごく痛むイメージがありますが、ブリーチもケアしながらできるようになってきてますので、さほど心配しなくても大丈夫です。

この後、

白髪も染まるカラーを重ねていきます。

この日は赤みを出したくないということで、スモーキーグレージュをしています。あと、ブリーチ部分の黄色味を抑えり役目のムラサキを少しだけ混ぜてます。

出来上がりは……

白髪もカバーしながらデザイン、色も楽しめます。

白髪染めもファッションカラーと同じような感覚でできますので、気になる方は何でもご相談ください!

大人の女性こそもっとカラーを楽しんでいただきたいです!

0コメント

  • 1000 / 1000